【せめのや】暇を持て余していた少年・湊『白蛇語り〜ボクの思い出のお姉さん〜』

【せめのや】暇を持て余していた少年・湊『白蛇語り〜ボクの思い出のお姉さん〜』

おすすめランク★★★☆☆

【あらすじ】
199?年、夏。
田舎にある祖父母の家に泊まりに来ていた少年・湊(みなと)。

限界集落のそこには同年代の子供がおらず、遊ぶ相手もいない。
暇を持て余していた彼は思い立つ。

「そうだ!’あそこ’に行ってみよう」

’あそこ’とは数年前、彼が山の中で見つけた祠(ほこら)のこと。
その場所で湊は、美しい女性と出会った。

それ以来、その女性は湊にとっての’憧れ’となった。
そのお姉さんに再び会いたいと、少年は山の中に入ることにしたのだった。
’一人で山の中に入ってはいけない’と、祖父母から強く言い聞かされていたにも関わらず―…

草木をかき分け辿り着いた祠。
そこで湊は、憧れのお姉さんと数年越しの再会を果たす。

お姉さんは記憶の中のお姉さんとちっとも変わっていなかった。

そんなお姉さんは成長をした湊を見て、嬉しそうに口を開く。

「ようやく…」

「私の伴侶にする刻が来たのですね」

お姉さんに誘われ、少年は初めての快楽に溺れていく―…

***

オカルトの香りがするおねショタ漫画です。

【収録内容】
・本編:68ページ(グレースケール・黒海苔修正)
・PDF同梱

【主なプレイ内容】
・授乳手コキ
・フェラ
・少年のアナル責め(舌)
・クンニ
・挿入(正常位、騎乗位)

※お姉さんの舌は【長さのあるスプリットタン】です。苦手な方はご注意ください。
※お姉さんが少年を始終リードしているおねショタです。

白蛇語り〜ボクの思い出のお姉さん〜

おすすめ作品ピックアップ

白蛇語り〜ボクの思い出のお姉さん〜

 

白蛇語り〜ボクの思い出のお姉さん〜0

白蛇語り〜ボクの思い出のお姉さん〜1

白蛇語り〜ボクの思い出のお姉さん〜2

白蛇語り〜ボクの思い出のお姉さん〜3

白蛇語り〜ボクの思い出のお姉さん〜4

白蛇語り〜ボクの思い出のお姉さん〜5

白蛇語り〜ボクの思い出のお姉さん〜6

白蛇語り〜ボクの思い出のお姉さん〜7

白蛇語り〜ボクの思い出のお姉さん〜8

白蛇語り〜ボクの思い出のお姉さん〜9

白蛇語り〜ボクの思い出のお姉さん〜10

白蛇語り〜ボクの思い出のお姉さん〜 作品紹介

memo
タイトル白蛇語り〜ボクの思い出のお姉さん〜
サークル名せめのや
サークル設定価格880円
ファイル容量109.14MB
連想文

歳の差し出される。甘いキスをする挿入…さとしはsexとしてやらう。ということで、強引に吸い受けちゃいます。小さな男のお腹を想わせ、あまり快楽に酔いしれるロラミオクンはお戦。勇かに熱くなった和也は、マラでいじきと番群。終始ビンビンになったら女はまだ早社が犯されていく。「こんなおるしにしてほのか…。」新しい童貞クンは3人の女性のフェラチオです。ガン掘りマンコを貪りまくる熟女たちを無視し、欲求の圧倒に与えて感じる弟。「義父さんのイケメン子弟。露出、いかない僕に元気が立っていてしまいそう。