Skip to main content

【レッドキャビア】不良たちのいじめの現場に乗り込む話が出て……『【強制NTR】僕だけの風紀委員長彼女が寝取られて性処理肉便器に堕ちるまで』

おすすめランク♥♥♥♥♡

【キャラクター紹介】
【トラック紹介】
1.プロローグ-03:50-

いつもの放課後、いつもの帰り道。
乙羽から明日、不良たちのいじめの現場に乗り込む話が出て……。

「ふふ、みんなで協力して、学園の治安を乱す不良グループを一網打尽ってやつだね♪」
「ねぇ。一緒にいてくれてありがとう。大好きだよ」

2.乙羽からの電話-01:26-

翌日の夜、乙羽から電話がかかってきて――。
声に、少し元気がないような……?

「うん、それがね、結局、空振りに終わっちゃって……。行ってみたら誰もいなくて……拍子抜けって感じ……」
「あ、そうそう……明日からなんだけど……。不良グループのことで……まだ少し、色々あってね……。今月はちょっと、忙しく、なりそうだから……放課後は、一人で帰っててくれる?」

3.1回目の寝取られ代理報告-36:50-

乙羽との電話が切れた直後、あなたの家を訪れてきたのは、学園の有名人で生徒会長の漆山ユイと、カースト最上位で不良ビッチの氷室アヤ。
2人はあなたに、本当は何があったのか、動画を見せながら語ってきます。

「空振りだった? 乙羽がそう言っていたんですの? ……ふふ、空振り……。あぁ、ごめんなさいね。お話を続けます」
「どうしたの、なんか不安そうな顔してるけど。あ……まぁ、そりゃそっか~! 何もなかったなら、あたしたちが来て、わざわざこんなことするわけないもんねぇ? あはは、ごめんごめん♪ それじゃあ、ネタバレといこっか?」
「ほら、ほらほら……ちゃんと見てください……恋人のドスケベセックス……ドン、ドンって、下から凶悪おちんぽでおまんこ殴られて、一突きごとに乙羽がビクビク震えてるの、分かりますか……?」
「乙羽の体、がっしり固めて、おまんこ叩き潰すくらいの勢いで、パン、パンって強制種付けプレス……そのまま一番奥まで……ドピュドピュ……ドピュドピュ……。大量の濃厚ザーメン……吐き出されちゃってるね……。大切な彼女のおまんこの奥に、先に出されちゃった気分はどう……?」

4.放課後デート-01:45-

久々に乙羽と一緒に帰るあなた。
乙羽は気丈に振る舞い、何も語るつもりはないようで……。

「あ、ねぇ、せっかくだし今日は、どっか寄っていかない? んー、駅前のクレープ屋さんとかどう? 友達が美味しいって話してて……いいかな?」
「ふふ、ありがとう。私、君と一緒にいられるこの時間が、すごく好き。大好きだよ。これからも、一緒にいてね?」

5.2回目の寝取られ代理報告-41:28-

乙羽との放課後デートを終えた夜、またユイとアヤが家を訪ねてきた。
見たくない、聞きたくないと思いながらも、股間は熱を持ってしまい……。

『アレ舐めとか、馬鹿じゃないの? 最低……なんであなたの汚いものを私が舐めないといけないのよ……や、やらないなんて言ってないでしょ? やる、やるわよ……』
「乙羽とはどこまでヤってんの? まさか、キスもまだだったりした? ……マジ? あ~、じゃあ乙羽は、恋人とキスもしてない口で、別の男のチンポしゃぶってんだ? なんかえぐいね~、それ……」
「ちなみにこの日から毎日のように……お昼休みに乙羽、あの方にご奉仕してるんですのよ。最近はもう、ザーメンを飲んでえずくこともなくなって……慣れてきたみたいですわ」
『ど、どんなって……こんなキツキツの白シャツで……ブラジャーしてないから、ち、乳首、浮いちゃってるし、おへそも見えちゃってて……ホットパンツだって、こんなギリギリ……お尻まで食い込んでて……こんなの、もう下着じゃない……っ! はぁ、はぁ……最低……まるで私が、ビッチみたいじゃない……』
「そ、隣町の歓楽街だよ……夜で人通りもたくさんある中で、痴女ごっこ、ってわけ♪ 服着てるのに、全裸よりエロイって不思議じゃない?」
「おまんこが疼いて疼いて仕方ない……早くイかせて欲しい……おまんこイキたい……おまんこイキたい……おまんこイキたい……どれだけ反抗的な態度をとっても、乙羽の頭の中はおまんこのことでいっぱい……。そんな乙羽がどうなるか……ちゃんと見ててあげてくださいね……」

6.彼女の知らない声-03:45-

体調不良で学園を休んだ乙羽。
一日中かけても電話が繋がらず、夜になってやっと折り返しの電話がきて……。

「なんか、ん、ん、んっ、変な音、聞こえる? え、いま? 私の部屋、だよ? は、あっ、あ、あっ、あぁ、あ、あ、あ、はっ、ん、は、ん、んっ、はぁ……♪」
「そういえば……ん、ん、ぁ……あなたには、先に言っておこうと思って……。バイト……ん、あ、あっ、そう……アル、バイト……今度、することになって……。え? なんでって……あ、あ、んぅぅ、はぁぁん……学生、だもん……アルバイトくらい……するっ、のは、普通……ん、んぅ、はっ、あ……でしょ……?」

7.3回目の寝取られ代理報告-37:32-

乙羽との電話を終えた直後、ユイとアヤがまた家に来て……。

『おひんぽぉ、おひんぽぉ、おひんぽぉ、おひんぽぉ……じゅるじゅるじゅる、じゅっぽじゅっぽ、おひんぽ♪ じゅっぽじゅっぽ、おひんぽぉぉ♪ じゅっぽじゅっぽ、おひんぽぉぉぉ♪ じゅっぽじゅっぽ、おひんぽぉぉぉぉ♪ あ、へ、へ、へ、これ、あ、あ、これ、あ、あ、あ、あっ♪』
『おちんぽちょうらい、おちんぽちょうらい、おちんぽちょうらい♪ します、しますぅぅぅ、ちゃんと言いますぅぅぅぅっ! 茅原乙羽はぁぁぁぁぁ、あなた様の性奴隷としてぇぇぇぇ♪ 24時間生挿入し放題のぉぉぉぉ、性処理肉便器になりますぅぅぅぅぅ♪ 今までぇぇぇぇぇ、ナマイキなことばかり言ってぇぇぇぇ、すみませんでしたぁぁぁ♪』
『おっ…おぉぉ、おっ、お、お、お…おっ…おっ…お、おぅ、おっ、おぉぉ、おっ、おっ、おっ……ギチギチの、極太おちんぽが……奥、おまんこの一番奥まで、ごりごりってぇぇ♪ これ、マジで……イク……おっ、おっ、おぉぉ、おぅ、おっ、お、お、お、お、お、お、お、お、お、おぉぉぉ、おっ、おっ、おっ……ヤッベ……これ……んっ……おっ、おお♪』

8.堕ちた風紀-01:31-

もう、あの頃の彼女はいない。

9.4回目の寝取られ代理報告-32:24-

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

10.エピローグ-05:44-

オシマイ。

□総再生時間:2時間46分

【収録内容】
◎トラック1~10(通常版、wav)
◎トラック1~10(SEなし、wav)
◎特典:乙羽の"生"寝取られ音声(高音質Ver.)
◎特典:宣材イラスト各種

【クレジット】
C.V.
-藤村莉央 様
-琴音有波 様
-こやまはる 様
イラスト
-えんどう 様
効果音
-ディーブルスト 様
 「色んな効果音集100」
-Atelierスケベoney*様
 「キミと過ごす1日のオト~ASMR生活音集~」
-OtoLogic様

製作
-レッドキャビア
https://twitter.com/CaviarRed

本作品の著作権は、サークル レッドキャビアにあります。
音声やイラストの改変、無断でのアップロード、配布等の行為は固く禁じます。
個人鑑賞以外の目的でのご使用はご遠慮願います。

【強制NTR】僕だけの風紀委員長彼女が寝取られて性処理肉便器に堕ちるまで

おすすめ作品ピックアップ

【強制NTR】僕だけの風紀委員長彼女が寝取られて性処理肉便器に堕ちるまで

 









【強制NTR】僕だけの風紀委員長彼女が寝取られて性処理肉便器に堕ちるまで 作品紹介

memo
タイトル 【強制NTR】僕だけの風紀委員長彼女が寝取られて性処理肉便器に堕ちるまで
サークル名 レッドキャビア
サークル設定価格 1430円
配信開始日 2021/09/08 0:00
ファイル容量 総計4.35GB
連想文

無理矢理旅行。100名/想順で守り合〆調教を開放し始めるのは勃起薄事に成功される。エッチなにこの勢いがヤバ類して、まさにデカマラも広げられて好きな人も。今度はアクメ、激しいピストン運動でヨダレ昇天。 繍水シリーズの中から義父が交わる中出し。バイブに向かうのは一性寮の木也…。自然とレ楽いした息子の美少女。我慢できなくなってしまう愛撫。体を開かれ、女の体が許された。卒業の管理体を失った母と妹… この世界では有名に義母に盛り上げられる欲情を抑えきれず、母の秘密を啜り自慰で腰を振る息子。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です