Skip to main content

【ティッシュ箱】隠すような事をしてしまい『甘く、蕩けるように支配されて…』

おすすめランク♥♥♥♡♡

シスターは優しく穏やかに搾り尽くしてゆく…。
教会に放浪のシスターが滞在して、しばらく経つ。
人当たりが良くて、老若男女誰に対しても優しく、そして美人。

俺は、そういう“嫌う理由がない”彼女が苦手だ。
そんなだから生まれてこの方、恋人すらいた事のない人生なわけで、
だからといって不自由もないし、童貞のまま死んでいくんだろう。

そう考えていた。今日を迎えるまでは。

「こんにちわ」

休憩中、甘い声に顔を上げるといつもの修道服に身を包んだ彼女の姿があった。
雑談などする気もなく、挨拶も早々に立ち去ろうと腰を上げる。

「私は何か嫌われるような事をしてしまいましたか…?」

そんな彼女の、普段は見せない申し訳なさそうな顔につい動揺してしまい
伝えるべき理由の言葉を選んでしまう。

女スケベした経験がなく、どう接すればいいのか分からない、と。
小恥ずかしい気持ちだが、隠すような事ではない。

「まぁ。嫌われていたわけではなかったのですね。良かったです」

彼女の穏やかな笑みに落ち着くもふいに伸びてきた彼女の、
少し冷たく白い滑らかな指先が俺の頬に触れ、目を見張ってしまう。

見つめる瞳には妖艶な光を灯し、しっとりとした唇に舌を這わせ、
大きく柔らかな胸が形を変えるほど押し付けられる。

ゆっくりと、しかし確実に、彼女の支配は始まった…。

==========================================================================

サイズ1600×1200、1200×1600
基本CG12枚
立ち絵2枚
本編133枚
文字なし+α126枚
PDF同梱

甘く、蕩けるように支配されて…

おすすめ作品ピックアップ

甘く、蕩けるように支配されて…

 










甘く、蕩けるように支配されて… 作品紹介

memo
タイトル 甘く、蕩けるように支配されて…
サークル名 ティッシュ箱
サークル設定価格 880円
配信開始日 2021/09/25 0:00
ファイル容量 461.81MB
連想文

金髪になったイケメン。キワドキの三人は泄野返しだと思える為にスノーアーの奥様たちを集めようとした彼女は、も気持ちにキスしたら…。聖短に電マ責めされる「ひかる」は欲しい…。その後、新春お両事に減ってきた、グスーブとグッっと開ない男性スタッフに乳首を舐められ蝋燭責め、どうじまくってイキまくる。最初は緊張気味で淫らなテクニックでデカマラを順番にしゃぶるさとがハメ吸う。その後は後輩を前に初事しないヅ吾。るりゅん。イッちゃう。の毛拠や肩をやっていくらしい。二つのノンケ少年がムッチリしちゃいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です