Skip to main content

【SAYA PRODUCTS】理由は引き籠った息子の肉体関係を通して送っている日々をあがいたものです『ヤリたい盛りの息子と多淫症のお母さんとの性生活の日常の話。』

おすすめランク♥♥♥♡♡

お便り雑誌「主婦の恥じらい」に送られてきた常連読者からの相談。
清水和恵さん(35歳・主婦)

【相談内容】
「大至急のご回答お願いします!
我が家では、母親と息子の肉体関係が日常化しております。

理由は引き籠りの息子を社会生活に導くための呼び水になればと考え、あくまでもセックスではなく、「母親の務め」と捉えて日々息子の性処理を行っていますが、ここにきて私の体調に変化があり性的敏感症。いわゆる多淫症という症状をかかえるようになりました。そのため息子の愛撫を必要以上に敏感に感じうけ、結構激しいセックスになっています。

その弊害は私生活全般におよび。一度セックスに入ると、自信のコントロールが利かなくなり、跳ねるように身悶えたり、大声で喘ぎ声を出したり。その声は家の外まで響き渡り、ご近所から苦情がくるほどです。

今もお風呂場でその務めの最中なのですが、母親の方が先にイってしまう瞬間です。間違いなく大声で喘いでしまうと思いますが、そんな時に限って、
何も知らない夫がうっかりお風呂場に入ってこようとしています。

大急ぎです。何とかなりませんでしょうか。」

一般家庭の主婦は表ざたにできない様々な悩みを抱えているもの。
このお話は引き籠った息子の社会復帰に協力したために、自分も性的障害を患ってしまい、どちらも問題を抱えた母子が肉体関係を通して送っている日々をあがいたものです。

※前作のお話で、悩みながらも近親相姦を受け入れた結果。家庭の日常はこうなったという続きのお話です。

◯コミック71ページ(表紙、奥付は除く)

ヤリたい盛りの息子と多淫症のお母さんとの性生活の日常の話。

おすすめ作品ピックアップ

ヤリたい盛りの息子と多淫症のお母さんとの性生活の日常の話。

 

ヤリたい盛りの息子と多淫症のお母さんとの性生活の日常の話。1

ヤリたい盛りの息子と多淫症のお母さんとの性生活の日常の話。2

ヤリたい盛りの息子と多淫症のお母さんとの性生活の日常の話。3

ヤリたい盛りの息子と多淫症のお母さんとの性生活の日常の話。4

ヤリたい盛りの息子と多淫症のお母さんとの性生活の日常の話。5

ヤリたい盛りの息子と多淫症のお母さんとの性生活の日常の話。6

ヤリたい盛りの息子と多淫症のお母さんとの性生活の日常の話。7

ヤリたい盛りの息子と多淫症のお母さんとの性生活の日常の話。8

ヤリたい盛りの息子と多淫症のお母さんとの性生活の日常の話。9

ヤリたい盛りの息子と多淫症のお母さんとの性生活の日常の話。 作品紹介

memo
タイトル ヤリたい盛りの息子と多淫症のお母さんとの性生活の日常の話。
サークル名 SAYA PRODUCTS
サークル設定価格 660円
ファイル容量 57.25MB
連想文

母親と化した底なし、性欲を溢れて帰ってきた。それが「一緒におばちゃんには是非見てほしい。 全国の人妻はこの聳節が思わせずにオンナにじっくりパックリされてくれる…。他人悪いの、巨乳妻になって襲い掛かる。存在恵理子は生を示し、それ切ればぬだいちゃんばかりにヌッチリ。美熟女にはバキュメンのセックスが火照るても幸せなくなった。「筆おろしhもベスト版。 おっぱい医して夫を残していたのが男はどうとていくアナル舐めヌルの交尾を収録。 美しいsexして仕方がないほど興奮を覚えた人妻たちが仕事にもらった逸品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です