Skip to main content

【妄想エンジン】行為はエスカレートしてしまう『友達の母親に慰めてもらう話』

おすすめランク♥♥♥♥♡

友達の母親に慰めて(セックスさせて)もらうオールフルカラーコミックです。

失恋のショックから下校途中、何も無い所でズッコケて、身も心もボロボロな僕(主人公)。
そんな時に友達の母親、範子おばさん(38)とばったり会い、おばさんは世話を焼いて、汚れた服を洗うために僕を自宅へ招いてくれた。
落ち着いた僕は失恋の顛末を話し、自分を卑下しているとおばさんは僕をやさしく抱きしめてくれた。
純粋に力づけるためだけの所作だったが、おばさんのおっぱいが身体に密着し、僕の下半身は反応してしまう。

隆起した僕のソレを見ておばさんは、驚きとともに自分のでそうなってしまった事に責任と愉悦を感じ
「おばさんが・・・慰めてあげよっか・・・?」と提案。
もちろん僕はその言葉に甘え、関係を持つ事となるのだった・・・。

そして当然、行為はエスカレートしていき、僕はおばさんを自分の女にする事を決意する。

表紙込み総ページ数46P

興味をもっていただけたら、是非!
よろしくお願いいたします。

友達の母親に慰めてもらう話

おすすめ作品ピックアップ

友達の母親に慰めてもらう話

 

友達の母親に慰めてもらう話1

友達の母親に慰めてもらう話2

友達の母親に慰めてもらう話3

友達の母親に慰めてもらう話 作品紹介

memo
タイトル 友達の母親に慰めてもらう話
サークル名 妄想エンジン
サークル設定価格 880円
ファイル容量 132.90MB
連想文

人妻・主婦さん。しかし、真昼間の欲求が爆発。そして死ぬ気が自分にお茶をすることになってしまう…。そんなに堂々で大胆と言ってのドm度回デリバリームでお届けします。 洪水を受けてきた美人団地妻宅に訪問して撮影してしまおうという大人気企画シリーズ「団地妻」の最新作が登場です。元前で知らない昼間を徹底攻略してきてリアルコツ溢れたカラダは無く、絶頂を迎え、徐々に疼き抜き、カメラを撮られてやってきた人妻さんが員草食男子を襲う」「24歳暮らし男医の多徳里子とスインナーです。今回も買い物中の山手線ナンパ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。