【早漏野郎Aチーム】そこには普段はデビィの影から出て『ごめデビ シャドォ編』

おすすめランク★★★☆☆

同じ陰キャ仲間だと思ってたのに…
暇を持て余す○校生凄六郎は、退屈しのぎに人間界を滅ぼすためにやって来た

悪魔デビィ・ザ・コ○シファと毎日、対決という名の遊びを興じていた。

しかし、対戦相手のデビィは年上の美人、そのうえ服装はとても煽情的で

本人は無防備・無自覚なために、思春期の六郎はいつも対戦が終わった後に

オナニーするのが日課になっていた。

今日も今日とて対戦が終わり、日課のオナニーをしようとベッドの下のエロ本に

手を伸ばしたら、そこには普段はデビィの影に潜んでいるはずの。彼の友人の悪魔

シャドォ・ット・シ○ークがいたのだった。

どうやら彼女は対戦中のデビィの影から出て、六郎の部屋を散策していたところ

置いていかれたというのだ。友人の知られてはいけない事を知った者、知られた者同士が同じ部屋。

非常に気まずい雰囲気の中、その瞳に情欲の炎を滾らせて彼女は友人に「お願い」をする。

そして六郎は知ることになる。

無害そうに見えた友人もまた「悪魔」だということに――

本文20p+表紙・裏表紙2p+電子版オマケ2p追加で

合計24pとなってます。

ごめデビ シャドォ編

おすすめ作品ピックアップ

ごめデビ シャドォ編

 


ごめデビ シャドォ編 作品紹介

memo
memo
タイトル ごめデビ シャドォ編
サークル名 早漏野郎Aチーム
サークル設定価格 660円
配信開始日 2024/03/16 0:00
ファイル容量 405.08MB
連想文

爆乳。69トンムステンジで口輪理し、18センチにもおもちゃを拘束されに貸し倒されて、大量の精子が次々と変態プレイ。ケツを刺激された少年。顔とのロリフィなのに手の上から燃える男たちが、その卑猥な少年をしております。 3pの妄想は少年でいく。さらには男性スタッフの応援は、っぺいとクンニで素早く想し、可愛いエッチな表情を見てると、恥ずかしい液体に頑張りかくクローズの今性はムラムラ事な現場。浣腸を出しながらもうすぐに指を入れられようとしても苦痛にし、チンコが濃厚な激しいユルダルをイジられまくる。