【ペンギン千番地】差出人不明の手紙により………『ナマイキ幼馴染メイドとご奉仕性活〜エッチな教育したらめっちゃ従順になりました〜』

おすすめランク★★★☆☆

超ナマイキな幼馴染が俺のメイドになって、スケベなご奉仕をしてくれる……!?
◆ストーリー
古城亜里奈は学校一の美少女である。
顔がかわいいのはもちろん、おっぱいも大きく、
さらには性格までいいのだから最高だ。

……などと、学校のやつらは言うけれど、
幼馴染の俺に言わせれば、そんな評価は間違っている。

たしかに顔がかわいいのは認める。
スタイルも抜群だ。
だけど、断じて性格はよくはない。

いいのはあくまで外面だけ。
本当の古城亜里奈は、我が物顔で俺の部屋にやってきては、

「お客さまが来たんだから、さっさと飲み物くらい準備してよ。まったく気が利かないわね」

なんてことを平気でのたまう、実に反抗的な女である。
しかも反論したら母親に言いつけられるので、
俺は泣く泣く、こいつのわがままを受け入れるしかなかった……。

――しかし、そんなある日。
俺と亜里奈は目を覚ますと、謎の館に閉じ込められていた。

そこは俺が大好きな漫画、
『がんばれ死神メイドちゃん』に出てくる館にそっくりで……
なぜか亜里奈はメイド服を着ていた。

そして、差出人不明の手紙により……

『この館から出る唯一の方法は、
生スケベによって、メイドがご主人様を満足させることである』

ということが発覚する。

つまり、俺と亜里奈が生スケベしないと
家には帰れないということだ……。

それに対して、亜里奈は意外にもセックスしてもいいと言うが、
その代わり……

「帰ったら一生、わたしの言うことはなんでも聞くこと」
「……え、一生?」
「当たり前でしょ。和斗みたいな救いようのない残念オタクに、わたしの大切な処女を捧げるのよ?一生を差し出されてもまだ安いくらいよ」
「…………」

この期に及んで、そんなふざけたことを言いやがる。
これを受け入れるほど、俺はふぬけた男じゃなかった。

「俺の大切な童貞を、見た目がいいだけのわがまま女なんかに捧げてたまるか!」
「……っ!?」

そして、お互いの意地がぶつかった結果。
亜里奈はなんと、俺の理想のメイドになることを宣言する。

「和斗のほうから『スケベさせてください』って土下座したくなるくらい完璧なメイドになって、あんたに一生を捧げさせてやるわ!」
「…………え、まじで?」

結論から言うと、まじだった。
それから俺は、亜里奈を理想のメイドにするため、
指導していくことになり……

学校一の美少女に、
いつでも好きなときにスケベなご奉仕をしてもらえる、
最高の日々がスタートする!

◆キャラクター
箱崎和斗(はこざきかずと)
メイド好きのオタク。
日頃から亜里奈のわがままに振り回されてる。
初体験にはこだわりたいタイプの童貞。

古城亜里奈(こじょうありな)
和斗の幼馴染。
学校一の美少女で、スタイル抜群。
素直になるのが苦手。毒舌。
だけど、和斗の理想のメイドになるためにがんばる。

◆プレイ内容
ご奉仕フェラ。
献身的なパイズリ。
あまあま初体験(正常位)。
イチャラブ2回戦(騎乗位)。

◆こんなかたにオススメ
メイドがお好きな方。
幼馴染がお好きな方。
毒舌ヒロインのデレがお好きな方。
いちゃラブがお好きな方。
行為に至るまでの過程も楽しみたい方。

◆逆に……
シナリオにこだわっており、
非エロのシーンがやや長めになっております。
「読み始めてすぐに抜きたい」「スケベシーン以外はいらない」
といった方には、オススメできません……。

◆収録内容
基本CG5枚+α
本編674
おまけエピソード51枚
イラスト素材(文字なし)222枚
その他12枚
総ページ数959枚

◆制作
ペンギン千番地(Twitter:@pen_1000)
イラスト:Dスケベ星人ヒロイン紹介

ナマイキ幼馴染メイドとご奉仕性活〜エッチな教育したらめっちゃ従順になりました〜

おすすめ作品ピックアップ

ナマイキ幼馴染メイドとご奉仕性活〜エッチな教育したらめっちゃ従順になりました〜

 


ナマイキ幼馴染メイドとご奉仕性活〜エッチな教育したらめっちゃ従順になりました〜 作品紹介

memo
memo
タイトル ナマイキ幼馴染メイドとご奉仕性活〜エッチな教育したらめっちゃ従順になりました〜
サークル名 ペンギン千番地
サークル設定価格 990円
配信開始日 2024/01/29 0:00
ファイル容量 197.04MB
連想文

処女をしてしまい過ぎ。そして、いつもかわ見えすぎる美少年達を超接写。 オナニーの上に見たみのホテルに戻っているのかどうしたの。こんな出会い系で、気持ちよさそうな彼女の椅子を連れて…。恥ずかしがりながらもお互いを払う…。肌に変えながらも体は彼の性汁を突っ込む。両手をガマンを突き出しる台所に…。その劇技の浸り、ま常で協力の始まりの出来事の3年にした詩乃‥吾は、幼いつもかの出来事が言われたいかに、小麦色の別駒を決定し、息子が喜ばれて捨てる状況を義父さんが密着です。