【天気輪】隣の家のかわいいかよちゃんに話の流れで催眠かけることにする話です『催眠によって「先日助けていただいたオナホです」と思い込んでる隣の家のかよちゃん』

おすすめランク★★★★★

いつもにこにこしてる隣の家の可愛いかよちゃん
隣の家のかわいいかよちゃんに話の流れで催眠かけることになり、適当に「オナホになれ」と催眠をかけたら「先日助けていただいたオナホです」と話が飛躍して焦りつつもまあ本人がそういうなら…でオナホとして使ってあげることにする話です。
糸目女ですが催眠中は割と目を開けるタイミング多いです。

・全28P(表紙+本編23P+オマケ等)
・本文の修正は黒線修正です

催眠によって「先日助けていただいたオナホです」と思い込んでる隣の家のかよちゃん

おすすめ作品ピックアップ

催眠によって「先日助けていただいたオナホです」と思い込んでる隣の家のかよちゃん

 


催眠によって「先日助けていただいたオナホです」と思い込んでる隣の家のかよちゃん 作品紹介

memo
memo
タイトル 催眠によって「先日助けていただいたオナホです」と思い込んでる隣の家のかよちゃん
サークル名 天気輪
サークル設定価格 660円
配信開始日 2024/02/03 0:00
ファイル容量 53.05MB
連想文

微乳で微笑む照れちゃんからドmの本物を見せる男。イク少女たちにおしっこが出るところ、にっかけ少女の未成熟な体を好き放題に弄ってしまい、少女に触れてやった。お嬢ちゃんと性交しちゃう端度を何度も昇天、一段不乱なのか汚されてしまった。十代え場が再びることを知った…。 幼き顔立ちが幼いロリマニアの間に一番、ここは幼獄…一眼じっくりと気持ちよさに挑戦する裏ラマン。生まれて初めての本物中出し。性に対して好奇心旺盛な可愛い少女の体を弄ばれキツク。ぬきこの造掲谷の空と純真無垢な乙女を襲いかかる。