【ゆきまる屋】公有物シリーズ1作目と同じものが収録されている作品は現在販売された少女の話『公有物少女1・2総集編〜国から人権を剥奪され物として扱われる女の子の話〜』

おすすめランク★★★☆☆

公有物シリーズ1作目と2作目に新規描き下ろし番外編を加えた総集編。人権が剥奪され物として扱われる女のお話
公有物シリーズ1作目と2作目に新規描き下ろし番外編を加えた総集編になります。

収録されている作品は現在販売されている1作目と2作目と同じものが収録されているので、

新しく2作品を購入される場合はこちらの方がお得になります。

【公有物少女の作品概要】

公有物とは国が管理運用する人から物となった女のことで、国から徴収対象として指定された女は、

一定の期間を様々なことに従事させられる道具として人権を剥奪され、国や国民への奉仕が義務付けられている。

ある日突然、国の所有物に選ばれて物として扱われることになった女のお話です。

【総集編用番外編・雪の中の徴収】

総集編用短編作品

3月末。

10年に一度の寒波がやってきて3月末としては記録的な雪が降る中、徴収される少女の話。

雪や台風などが想定される地域では交通の遅れなどを想定しあらかじめ早めに徴収される。

雪が降る中服を脱ぐよう命じられ、寒さに震えながら全裸を晒すことになる、さむそうなお話です。

【公有物少女1のあらすじ】

ある日突然公有物となり、服を脱がされ、首輪・手枷・乳首ピアスなどを付けられ、

その状態で街中を連行され、その後輸送車に乗せられ狭いロッカーの中に拘束され、

バイブやアナルフックをインサートされ寸止め・電気責めを受けます。

車は公有物を調教するための施設に向かい、到着後は全裸のまま冷たい水で体を洗われ、

浣腸や、膣・尻穴のチェックをされ、へとへとの状態で狭い独房に移される。

そんな長い1日を描いています。

【公有物少女2のあらすじ】

公有物として施設に連行された少女の2日目を描く公有物少女シリーズ2作品目の続編物語。

朝は電撃で起こされ全裸のまま検査や絶頂測定を受けさせられる。

その後、剃毛を行い、管理用ピアスの装着、クリトリスにもピアスを開けられ、

下腹部には管理番号とバーコードが刻印される。

一日を全裸で連れまわされ疲労困憊のところで公有物として初めての餌の時間となる。

もちろん人のように食べられるわけではなく地べたに這いつくばって食べさせられ、

食後にはアナルプラグをインサートされる。

そんな長い2日目を描いています。

器具責めオンリーでS○Xなどの絡みはありません。

物扱いされる女が淡々と責められます。

人権剥奪・拘束具・全裸・ペニスギャグ・バイブ・乳首ピアス・目隠し・拘束・寸止め・電気責め・尿道・アナル・奴隷・調教・野外露出etc…

基本枚数:57枚+α(公有物少女1:23枚+α・公有物少女2:26枚+α・番外編:8枚+α)

差分込み:本編533枚

(公有物少女1、本編:203枚、文字なし画像54枚)

(公有物少女2、本編:287枚、文字なし画像26枚)

(総集編用番外編、本編:43枚、文字なし画像16枚)この作品は
「公有物少女~国から人権を剥奪され物として扱われる女の話~(RJ378995)」
「公有物少女2~国から人権を剥奪され物として扱われる女の話~二日目編(RJ01041695)」
と内容の重複があります。

スマートフォン版では【文字なし画像】はブラウザ視聴のみ可能となっております。

公有物少女1・2総集編〜国から人権を剥奪され物として扱われる女の子の話〜

おすすめ作品ピックアップ

公有物少女1・2総集編〜国から人権を剥奪され物として扱われる女の子の話〜

 


公有物少女1・2総集編〜国から人権を剥奪され物として扱われる女の子の話〜 作品紹介

memo
memo
タイトル 公有物少女1・2総集編〜国から人権を剥奪され物として扱われる女の子の話〜
サークル名 ゆきまる屋
サークル設定価格 1650円
配信開始日 2024/02/10 0:00
ファイル容量 総計3.69GB
連想文

拡張したやの属で新